最近では印鑑は100円のお店でも買えます。簡単

最近では印鑑は100円のお店でも買えます。簡単なものでいいなら、その程度の印鑑でも使えると自分自身は思っています。

しかしながら、残念なことに私の名字はあまり一般的ではないようで、近所の100円ショップではありません。それだけでなく、文房具店にも判子屋さんにも置いてないので、手に入れるには注文するしかないのです。

パソコンが普及した今は、インターネット通販でハンコを購入できるので助かります。

通常では持ち出す事は滅多にありませんが、不動産契約などの時は必ずと言っていいほど押印をするのが実印です。

安価な三文判を登録し、実印とするのもよいでしょう。

実印を使用するのは大きく大切な局面での場合が多く、公的な効力を発揮する印鑑ですので、その役目にあった良いものを用意しておきたいものです。材質では高級な象牙や耐熱性のあるチタンが一般的に多く選ばれているようです。
結婚して、銀行の名前を変えてもらおうと思った時に新しい印鑑を造ることにしました。印鑑は何でもいいのだから、変えずに使い続けたらいいのにと教えてくれた人の意見は聞き流して、旧姓の印鑑をこのまま使っていくのはやっぱり道理に反するような気持になりました。でも、これまた日本でも5本の指に入るくらい一般的な苗字になったので、既成品でたくさんある同じような印鑑に少し悩みました。悩みましたが、大型店舗でも創れる絵柄のついた印鑑で彫って貰いました。

簡単に創れるけど、オーダーして作ってもらって気に入っています。

印鑑の材料は水牛の角や、近年はチタンも、欠けにくく高級感あるものが人気があります。中には、実印と銀行印を同じ材料でサイズと刻む文字を実印には氏名を、銀行印には氏を入れ、二つセットで販売されているものもあります。

実印は意味のある印鑑である事を心に刻み、押印する事を安易に考えないように、それなりの値段の印鑑を誂え、大切にあつかう習慣をも付ける一助とすべきになります。実印の購入は、ショッピングセンターの印鑑屋でも購入出来るのですし、インターネット販売でも手軽に購入出来るのです。長い間使っていたはんこの端が少しかけてしまったので、新しく頼んで購入しました。かけた印鑑はお金が逃げていくという話があるそうです。今回作った印鑑は苗字を入れず名前で創りました。

私の名前の漢字が好きだからです。登録していた銀行の印鑑変更など、手間なこともあったのですが、この際なので古い口座や必要ない口座をなくして、すっきり指せることが出来ました。
使わずにしまっていたクレジットカードも解約したので、印鑑を新しくし立ということで身の回りの整理をするきっかけになりました。
通常は新しく印鑑を造ることがないですが、結婚のタイミングや出産などで新たに購入する方も多いと思います。

今までの経験上、近所の街の印鑑屋さんは店内に入るには勇気がいる感じで値段表示もわかりずらいので、パソコンで検索して人気があるところに注文しました。少し急ぎだったので2~3日でできとても助かりましたが、やはり苗字にするか名前で掘るか、どんな字体で彫って貰うかなど一つ頼むにもすさまじく悩んでしまい事前に必要になることを想定し、考えておけば焦らなかっ立と思いました。
事前に自分の中でお店を決めておくと効率よくすすめることが出来るので良いです。お店が変わると印鑑の値段のちがいがあるだけでなくセット価格の商品を置いたり、職人さんに彫って貰うかそれとも機械彫りかを選べたりと見ておくべきことがわりとたくさんありました。

どうしても職人さんの手彫りは機械彫りより値段が高くなるんです。

最高級と知られている象牙を使い手彫りにしたら高価な値段になります。
私的には黒水牛あたりが手入れも楽でお値段も無理なく購入できると思います。次回、印鑑を造る時は、ちょっとイラストが入ったものにしようと考えています。動物やキャラクターが描かれていて、個性的な印鑑を作ってくれる会社があるんですよね。

表情も選べるらしく喜怒哀楽があるそうで、個性あるはんこが創れそう。
実印にはできませんが、認印としては充分役にたつでしょう。

銀行で使うことはないでしょうが、たとえば会社で使うならちょっとした会話になり良さそうですよね。事務的作業も楽しくなりそう。
わりと安く買えるので、何個か注文したいと思っています。

印鑑屋でいつも銀行印がどれだかわからなくなり、使用したいときは、手持ちの印鑑をすべて持って窓口へ行くという、かっこの悪い方法を行っていましたが、きちんとした書類に押印する機会が出来たので、せっかくなのでフルネームで重量感ある印鑑を注文することにします。

実印を見ていたらあまたの素材を使ったものがありますが、高級品と言われているのが象牙という印材を使ったものです。印影のキレイさ、耐久性、重厚感は象牙の他にはないとも言われているそうです。

人気が上がっている金属のチタン製は、スマートな格好よさがあり、ある程度の熱も大丈夫だと言われているのです。

価格相場としては、象牙もチタンも同じぐらいです。

続きはこちら⇒チタン印鑑おすすめするなら結局ここ!?